マイクMorhaimeは今年4月の顧問としてブリザードを出発します

BungieがActivisionから分裂するというニュースを聞いたことがあると思いますよね? そのニュースに伴い、元CEOのMike Morhaimeが今年の4月にBlizzardの顧問の役割を辞めようとしています。 この情報はすべて、1月10th、2019時点で発表されています。

はい、Bungieは 運命 知的財産権は、分割の最終決定が進行中であることを考えると、Activisionは発行者としては表示されなくなります。Morhaimeは、他の主要な責任者も辞任した後、すぐにActivisionまたはActivision Blizzardを離れます。

最近、掲載サイトからのお知らせ unikrn.com ある時点でCEOを務めていたMorhaimeに関する情報を投稿しました。彼はもうBlizzardの顧問を務めなくなります4月7th、2019。

ウェブサイトは光を照らします SECファイリング それは読みます:

「以前に開示されたように、3、2018の10月、Michael MorhaimeはActivision Blizzard、Inc.(以下「会社」)と契約を締結し、これに基づいて顧問として会社に戦略的アドバイスを提供します。 Morhaime氏の会社での戦略的アドバイザーとしての雇用は、4月7、2019で終了します。」

「彼の退職の重要性」と疑問に思っているに違いない。さて、CFO Armita Ahujaのような他の主要幹部のリストも会社を去った後、アドバイザーはすぐに不在になる。 だんらん フランチャイズはBen Brodeをリードし、Activision BlizzardのSVPであるMike Sespoが 見張ります リーグのニューヨークエクセルシオール。

上記の出発には、Activision Blizzard CFO Spencer Neumannが参加し、その後Blizzardが「嵐の英雄 会社の「開発の優先順位を変える」行為により、「eスポーツ全体」。

最後に、Morhaimeはこの会社の「最後の数少ないまともなキーパーソン」の1人であると主張する人もいれば、この出発が船を飛び越える行為であると主張する人もいます。 しかし、時間は常に語るので、4月が転がるときは誰もが知っていると確信しています。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。