Atlus、2019で詳細を知るために新女神転生Vニュースをからかう

8月に戻って28th、2018、のプロデューサー 真女神転生V、山井和幸氏は、雑誌のインタビューで、次のNintendo SwitchRPGの開発に関するメモを共有しました。 今のところ、Atlusのゲームに興味を持っているファンのようですが、 真女神転生V、 そして発表されていないゲームは、2019でいつか本当のご馳走のためにあります。

出版サイトのおかげで personacentral.com の問題#1570でそれを学ぶ 週刊ファミ通 異なる開発者からの新年カードのバッチが表面化した、そしてそれらのうちの1つはAtlusから特別な何かを保持する。

Atlusのカードは以下の情報を記しています。

「Catherine:Full Bodyから始めて、私たちは予告なしに新しいタイトルを着実に準備しています。 新女神転生Vのフォローアップ報告もお待ちしています。」

この手紙は、2019に関連した次のニュースの可能性をからかうものです。 キャサリン:フルボディ新女神転生V、 そして予告なしのゲームも。

ヘッダー段落で述べたように、2018出版サイトの中間部に戻る ryokutya2089.com プロデューサーのYamaiからのハイライトを 真女神転生V 下に見られるように開発:

  • ヤマイと乗組員が熱心に取り組んでいます 真女神転生Vそして、開発は力強いです。
  • 新しいキャラクターと「ほとんどすべて」への悪魔は現在「ハードウェア上で実行されています」。
  • 開発者が作っている 真女神転生V 番号付きタイトルにふさわしい内容で、妥協することなくそれをやっています。
  • 時間が正しいときにゲームのフルアップデートが共有されます。
  • ポートまたはリメイクの 真女神転生:Nocturne 検討中です。

2018の2月にリリースされた古いインタビューを振り返って、出版サイト4GamerとYamaiは次のような話をしました。 gamestalk.net このサイトのハイライトが下にある場所をピックアップしました。

  • ゲームが開発の始めの間に始まった多くの中心的なスタッフはゆっくり増加しています。 さらに多くの人々が、Atlusがかなりの数のスタッフを集めているのを見ているShin Megami Tensei Vの開発を支援するためにサインオンし続けています。 Atlusは、チームが試合が実際に「進行中」であると言うことができるターニングポイントのように見えるポイントに達しました。
  • 長年の最初のコンソールゲームとして、アトラスは人々がテレビで遊ぶことができるゲームを作りたいと考えています。
  • アトラスはまた、敷設中に悪魔の融合を通じて楽しいものを提供できるハンドヘルドシステムを検討しています。
  • 現在の目標は、コンソールとハンドヘルドデバイスの両方にタイトルをつけることです。
  • Atlusは、システムのハードウェア仕様に合わせてゲームを作るだけでなく、多くの悪魔を組み込みたいと考えています。
  • Shin Megami Tensei Vは、以前のタイトルと比較して、悪魔に3倍の労力を注ぎます。

Atlusのゲーム、アナウンスされていないゲーム、そして 真女神転生V、 あなたは10月の2017を見ることができます ティーザートレーラー ここRPGのために:

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。