宮崎秀隆氏は、作品にはソフトウェアタイトルから2があると言っている

2018が終了する前に行われた最近のインタビューで、From Softwareの社長である宮崎秀隆氏は、現在発表されていないタイトルが2つあることを確認しました。 残念ながら、日付、時間、名前は提供されていませんでしたが、宮崎氏は2つのゲームがFrom Softwareのゲームプレイの仕組みに慣れ親しむだろうと示唆しました。

時計仕掛けのように、このニュースを拾った多くの人々は、2つのゲームのうちの1つが続編またはに関連する何かになると信じています 血まみれの人、 のように言う ブラッドボーン2。 多くの人々がそのようなことを望んでいると確信していますが、私たちが今持っている唯一の根拠のある情報はFrom Softwareが「2つのゲーム」を開発しているということです。

上記の情報は掲載サイトからのものです gematsu.com (archive.is)経由 4gamer.net.

指定されたWebサイトによると、もう少しでゲーマーもファンも、2つの製品が形になればもっと聞くことができるようになるということを宮崎から学びました。 以下の2部構成のインタビューから翻訳された抜粋を読むことができます。

「詳細について議論する時間ではありませんが、両方とも[From Software]風のゲームです。 もう少し時間が必要ですが、具体的になれば、私たちはみんなに彼らについてもっと話すことができるでしょう。

言い換えれば、2019の初期から中頃までの間に、開発中のこれらのゲームのペアに関する情報が期待されます。

さらに、6月の3.5インタビューで述べたように、スタジオの開発には2016製品ラインが含まれていることも宮崎から学びました。 これらの製品ラインには次のものが含まれています。

  • デラシン - (0.5)
  • 関郎:影は2回死ぬ - (1.0)
  • 未発表タイトル - (2.0)

最後に重要なことを言い忘れたが、上記の出版サイトは宮崎がDのようなタイトルを明確にしていることに注目するアークソウルズリマスター メタルウルフカオスXD 3.5製品ラインには含まれていません。 さらに、 ダークソウルリマスター メタルウルフカオスXD バンダイナムコとデボルバーデジタルによって要求されたので、明確化のためにそれがあります。

とにかく、あなたが探偵をプレイし、これら2つのゲームについての詳細を知りたい場合は、ヒットすることができます 4gamer.net.

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。