ゲーム業界、価格、フリータイトルに関する彼の考えを提示する宮本滋

最近の報道では、宮本茂の考えは、ゲームに対する課金のさまざまな方法、遊ぶことのできるモデルの危険性、同輩が固定価格でタイトルを提供する方法プレイヤーに過充電を課すことなく、今日のゲーム業界で実質的なビジネスを創造することについての彼の全体的な考えを示しています。

新しいレポートは出版サイトから来ます ブルームバーグその執筆者は、8月22ndに横浜で開催されたComputer Entertainment Developers Conference(CEDEC)で宮本氏の考えを記録する機会を得ました。

ビデオゲームのデザイナーは、 スーパーマリオ , ドンキーコング 世帯主の名前は次のように述べている:

「巨大な市場を持っていることは幸いだ。だから、できるだけ多くの人々に合理的な価格でゲームを提供することができれば、大きな利益が生まれるだろう」と考えている」

この作品は、彼と乗組員がゲームのために人々にさまざまな料金を課す方法を模索していると言って、宮本氏に続きました。 1つの取り組みは、フリー・トゥ・プレイのモデルを「払わずに」、代わりに定額で顧客に過充電することなくタイトルを提供することです。

宮本氏は、この作品では、略奪箱や小切手を含むフリー・トゥ・プレイのモデルを批判したという。 この報告書では、このモデルは、より低いまたはより高い価格帯を用いて記録的利益をもたらし、ゲーム中の製品および希少なアイテムを継続的に購入するように「ナッジする」と述べている。

その後、宮本氏は、固定価格を提供するこのビジネスモデルが今日のゲーム市場(モバイルシーンを含む)で成功するかどうかは不明だが、彼は銃に固執して、それが業界標準になるまで、合理的な価格をスポーツするすべての人のためのゲームを作ります:

「私たちの固定費モデルは本当に成功したとは言えませんが、それが定着するまでそれを推進し続けます。 そうすれば誰もが快適な環境でゲームを開発することができます。 可能な限り多くの人々にゲームを提供することに焦点を当て、私たちは引き続きモバイルゲーム事業を強化することができます。

最後に、宮本は、十分なゲーム開発者がサブスクリプションフレンドリーではないという懸念を表明している。 音楽業界を参考にして、開発者は購読スタイルのサービスを採用して音楽業界から学ぶべきだと彼は考えています。

「開発者は、購読スタイルのサービスに慣れていくことが必要です。 このためにパートナーを探すときは、ソフトウェアの価値を理解している人を見つけることが重要です。 顧客はあなたのアプリやソフトウェアの価値を感じ、彼らのためにお金を払う習慣を身につけます。

そのすべてが、今日のゲーム業界で進んでいる任天堂のビジョンと、他の開発者が注意を払って適用すべきものについてのあなたの考えはどうなっていますか? 彼が正しい、間違っている、または間のどこかにいると思いますか?

あなたは読むことができます 完全な報告書 与えられたリンクを打つことによって。