大久保元博ソウルキャリバーVIデモ、オンラインベータ、フレームカウンターなど

最近のニュースでは ソウルキャリバー6世、 熱狂的な戦いのファンとSoul Calibur愛好家Kayaneは、EVO 2018でプロデューサーの大久保元博にインタビューする機会を得ました。 インタビューでは、戦闘ゲームの開発段階、バランシング、発売後のコンテンツ/アップデート、ゲーム内のフレームデータ、オンラインベータ、公開デモに触れています。

インタビューのハイライトを分割する前に、 KayaneTV 14分の時計が長さでここに投稿されました:

初心者のための、 ソウルカリブールVI 開発が終わりに近づいています。 言い換えれば、ゲームはほぼ完了しており、私たちが話すときには磨かれています。 加えて、Geraltがオンディスクのゲストキャラクターであることに加えて、ゲストキャラクターに関する他の企業との現在のコラボレーションはまだありません。

開発について言えば、大久保とチームは2や3の週に、内部でプレイする燃えたディスクを持つことができるようにゲームを修正している。 うまくいけば、開発はこのトラックで続けられ、10月中旬のリリースを満たすことができます。

E3 2018で見た初期のゲームプレイ映像は、イベント専用のゲームプレイ映像と言われています。 さらに、そのビルドは実際の状態を表していません ソウルカリブールVI 微調整と変更を特徴としています。

インタビューによると、ゲームの最終的なビルドは、大久保が ソウルキャリバーVI。 ただし、発売後に問題が見つかった場合は、パッチが送信されます。

後のインタビューで、Kayaneが大久保にプレイ可能なデモについて尋ねたとき、彼は公衆に種を蒔きたいと言いました。 ソウルカリブールVIバンダイナムコと乗組員が発売前にこれらのものをリリースするかどうかは確認されていない。

最後に、この段階では、ゲーム内のフレームカウンタは計画されていません。 大久保氏は、この問題をさらに深く押し付けると、後でフレームカウンターを挿入する可能性があると述べた。

ソウルカリブールVI 10月4th、19でPC、PS2018、Xbox One用にリリースされる予定です。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。