ワールド・エンド・サバイバル・ゲームをレンタルして、7月にスチーム・アーリー・アクセスに入るようにする31st、2018

レンタル - 早期アクセス

Frostkeep Studiosのチームベースのサバイバルゲーム レンダリングは、7月にEarly Accessに入り、31が今月末に$ 2018になるように設定されています。 このゲームは、開発者が作成したファンタジーの世界を前進するために、主にチームワークに焦点を当てたMMOであるため、他のサバイバルゲームとは異なります。

ゲームは奇妙な異世界の北欧神話を中心にしています。そこでは、3つの派閥のうちの1つに参加し、派閥の地面を築き、地面からやってくる残忍で容赦のない生き物の出現に耐えようとします。

あなたのキャラクターをレベルアップし、新しいスキルをアンロックし、そして世界的な貸与が行われたときに最終的に他の部族を征服するための素晴らしい旅をするために武器を開発しながら、重要な資源を集めるために一緒に努力しなければなりません。 各シーズンの終わりに、勝利派は次のシーズンに移転する特定の報酬を獲得するようになります。

以下のアーリーアクセス予告編では、ゲームプレイの様子を見ることができます。

というゲームから期待することはあまりありませんでした。 レンダリングしかし、私はこの試合の予告編が、いつもうまくいって私を驚かせることを認めなければならない。

ご覧のように、あなたの城壁を作り上げると、モンスター、巨人、悪夢の生きものたちが結局攻撃するでしょう。 要塞は物理的に引き裂かれて破壊される可能性があるので、プレイヤーは絶えず狩猟にとどまり、可能な限り猛攻撃に耐えるために要塞を建てる必要があります。

また、環境パレットの多様性や、ゲームの世界に点在するさまざまなバイオーム全体での色調の使い方の多様性も大好きです。 頭蓋骨の残骸と腐った遺体が散りばめられたいくつかの不毛の森は、その霧の雰囲気に金色を帯びています。 一方、肉食クモの溶岩で満たされた洞窟は、あたかもあなたがある種の悪い夢を横切っているかのように見えるようにする、橙赤色の光を放出します。

視覚的には、他の多くのゲームと比較して少々独特です。

レンダリング 6〜12ヶ月の間のどこでも早期アクセスが可能です。 彼らは新しいクリーチャー、武器、アーティファクト、アーマー、武器修正、ベースビルディング、包囲武器の追加に関する計画を持っています。

詳細情報については、訪問すること自由に感じ スチームストアページ.

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。