ディビジョン2とDCコミックは、時々2019で物語のコミックをリリースする

トム・クランシーズの部門2 とDCコミックは、サンディエゴコミックコン2018で、 分裂 いつか2019で漫画本、小説、朗読本を出す予定です。

あまりにもずっと前に、BioWareとDC Comicsが協力して一連の 国歌 2019のコミック。 さらに、DC Comics 発表しました それが働いていること ディビジョン2 クリエイティブディレクター、ジュリアンGerighty、パンデミックの世界を生きるために一連の漫画や小説の本をもたらす。

ディビジョン2の 公式Twitterアカウント ここに見られるパートナーシップを認めています:

による news.ubisoft.com コミック 「ダークホース漫画本」は、第1ゲームの後のイベントを探検し、第2回目の記事まで続きます。ここでは、読者は、ニューヨークとワシントンDC以外で戦略的国土部門の影響について知ることができます。

さらに、 小説 グリーンポイズン災害の間に著名な生存者であると言われるニューヨーク市の女性民間人、4月ケレハーは続く。 ニューヨークの敵対的な街路から壊滅的なアメリカ中西部まで、話は「サバイバル」と「家族」についてです。

『The Division 2とその前身との間の月に行われる、小説は生存と家族についての物語の中でニューヨークの敵対的な通りから荒廃したアメリカ中西部へと移動する、有能で決定的な生存者であるApril Kelleherに続きます。 小説は3月に発売予定です。

そして最後に、「トムクランシーの世界の部門」は 伝説の本 それは世界、戦術、装備品、そして戦略的国土部門の任務についての「重要な情報」を提供するでしょう。 あなたが知識と芸術に興味があるならば、DCからの192ページのハードカバー本はそれ以上のすべてを含みます。

最後に、現在進行中のこのパートナーシップについて読み、2019でいつか開始する予定です。 news.ubisoft.com.

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。