PCビルドシミュレータ、ギガバイトとCRYORIGコンポーネントを発表

PCゲーマー向けのPC構築に関するゲームは、27月XNUMX日にデビューするために形作られつつあり、ゲームの新しいコンテンツを披露してリリースを宣伝するのにこれ以上の方法はありません。 そのとおり、 PCビルディングシミュレータ GIGABYTEとCRYORIGが公式パートナーとして参加したことが最近発表されました。

PCビルディングシミュレータ 本当に楽しみにしているゲームです。 リリースに先立ち、GIGABYTEとそのマザーボードおよびGPUのアレイ、およびさまざまなエアクーラーとケースファンを備えたCRYORIGがPCシムに登場するというニュースがあります。

人々がゲームを購入する前に1日しか持っていないことを考えると、それはバイヤーが発売時に両方の会社の製品へのアクセスを得るだろうという開発者たちによって言われました。

CRYORIGから始めて、PC simはR1 UltimateとH5 Ultimateを誇示するでしょう。 しかし、それだけではありません。R1ユニバーサル、H5ユニバーサル、M9a / M9i、H7、H7 Quad Lumi、C1、およびC7も、仮想PCリグ用のオプションのビルドを選択することができます。

ケースファンにうんざりしてCRYORIGの作品を崇拝したい人は、QF120 - Performance、QF140 - Performance、XT140、XF140もゲーム内に登場すると同時に、PCの構築に熱狂的な人に高いパフォーマンスと音響を提供します。

CRYORIGに興味がない場合、またはGIGABYTEの作業が好きな場合、シムは、AB350-Gaming 3、AX370-Gaming 5&K7、Gaming9を含むGAシリーズのように選択できるいくつかのマザーボードを提供します。

X399シリーズを見てみると、AORUS Gaming 7とDESIGNARE EXのオプションが用意されています。

Z370 AORUSマザーボードの範囲については、バーを持ち上げて仮想ビーストリグを非常に軽くしたい場合は、ゲーム7とウルトラゲーミングモデルをご利用いただけます。

最後に、ギガバイトのファンは、AORUS GeForce GTXシリーズが問題であることに気付くでしょう。 1080 Ti Xtreme Edition 11G、1080 Xtreme Edition 8G、1060 Xtreme Edition 6Gも同様です。 さらに、AORUS GeForce GTXグループの他のGPUも利用可能で、1080 Ti 11Gと1060 6Gも含まれます。

あなたはについての詳細を学ぶことができます PCビルディングシミュレータ 支払って pcbuildingsim.com 訪問。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。