レベル5は報告された新しいゲームを作ることを計画している

レベル-5は、最新のJRPGの背後にある開発者です Ni No Kuni 2:報復王国、 しかし、新しいインタビューをカバーする報告書は、同社による新しいゲームの計画が既に実施されていると考えている。

Level-5がインタビューで報告されたことに固執するかどうか、または会社が何か他のことを試みるかどうかは不明ですが、Level-5は20周年を計画していることがわかっています。

インタビューによると、 4gamer.net によって翻訳された GematsuLevel-5がMMORPGのようなゲームを作る可能性があると言われています。

後者の出版物サイトは、前のサイトが発行した一連のインタビュー「Harada Kills」の最新の記事の1つを取り上げ、Bandai NamcoのプロデューサーであるKatsuhiro Haradoは、レベル5の社長兼CEOのAkihiroと話をした。日野。

原田と日野のインタビューのセクションを読むことができます:

原田あなた自身のMMORPGを作りたいですか?

 

日野: 私がやります。 私はいつも、機会があれば作りたいと思っています。 しかし、私はまだTrue Fantasy Live Online(携帯).

 

原田:ああ、それは十分だった、ハァッ。

 

日野:MMORPGを作るためには、オンラインゲームを作るための知識とスキルだけでなく、よく油を注いだ会社が必要です。 MMORPGを作りたいだけでは不十分です。 当時、私たちは気分を重視していたので、スケジュールに従うことができませんでした。 その後、最終的に私たちにプロジェクトをキャンセルさせなければならなかったプラットフォームに関するいくつかのことがありました。

プロジェクトのキャンセル後も、次の会話で述べたように、アイデアはまだ浮かんでいました。

原田:そのような経験の後でさえ、あなたはまだあなたが1つを作りたいと思った。 私はあなたがまだそのような計画を持っているかどうかは分かりませんが、あなたが投資をしていれば、あなたはどのようなテーマを選んでいますか? あなたの過去の仕事に基づいて、それは中世の王国のテーマであるようです。

 

日野私たちには考えがあります。 私たちがMMORPGと呼べるかどうかは分かりませんが、同じ規模で大きなタイトルをつくる予定です。 また、20th年に入ってから、好きなものを作りたいと思っています。 私たちができないことをすることができる才能のある人たちからの支援を得ることができれば、それを実現できると思う。 ところで、私たちが準備しているゲームは、幻想ではなく現代になるでしょう。

原田:ああ、あなたはここでそれを言ってもいいですか?

日野は踏みにじる危険な地面のように見え続け、

日野:20th記念日のためにゲームを作ってくれると言われたので、それは問題ないと思います。 今年は20th記念日の試合だと言いますが、今年は出てこないでしょう。 むしろ、私たちは記念日の年に発表をしたかったのです。 たとえば、Ni no Kuniは10thの記念日を祝うタイトルでしたが、実際には2年後にはリリースされませんでした。

これが、Level-5がMMORPGと同じ規模の現代的なゲームを作ると信じられているなら、それはあなたが見ることに興味があるということですか?