ESRBは、ゲーム内購入を特色とするゲームを開示しなければならない

Entertainment Software Rating BoardまたはESRBは、ゲームの物理的コピーであろうとデジタルコピーであろうと、近い将来のゲームにはラベルまたは「インタラクティブラベル」を付ける必要があることをTwitterで明らかにしました。ゲーム内購入が含まれています。 このラベルは、DLC、マイクロトランザクション、MTXモデル、ゲーム内コンテンツ用に変換される現実世界の通貨などをスポーツに使用する場合、ゲームに含まれます。

上記のように、このニュースは公式の礼儀で来る ESRBのTwitterアカウント。 ルーツボックスやMTXモデルに対抗しているゲーマーの情報は、ESRBによって「聞かれる」と言われています。そのため、親や他の人たちに、前記ライブサービスモデルに関する定型文。

MTXのモデルが何であるかわからない両親に加えて、ループから外れている他の人には、訪問することができます esrb.org この新しい動画を ESRB YouTubeチャンネル 追いつくために。

MTXサービスモデルがどんなものかを知っているか、すでに知っていれば、Entertainment Software Rating BoardがTwitter経由でリリースした新しい通知を読むことができます。

手紙を見てスキミングした場合、ゲーム内の購入額またはインタラクティブラベルは、ゲームの評価によって右側の角に表示されます。 しかし、この通知は、性的内容、言語、暴力などの既存のコンテンツ要素とは別個になります。

レーベルは、DLC、ゲーム内通貨、定期購読、シーズンパス、略奪箱、その他のMTXモデルなどのリアルマネーを必要とする内外のコンテンツの支払いを含むすべてのゲームに配布されます。

「インタラクティブラベル」の最新情報を入手したい場合は、 ESRBの公式サイトの新しいページ 内外の支払いを特徴とするすべてのゲームに適用されるこのシステムの詳細については、こちらをご覧ください。