レーザーリーグ、スチームで早々にアクセス2月2日8th

レーザーリーグ早期アクセス

505 GamesとRoll7が発表 レーザーリーグ 来月2月から始まるスチームで早期アクセスを開始する予定です。 $ 8のゲームはSteamで利用できるようになります。

現在、ゲームはオープンベータフェーズを経ており、ゲーマーはマルチプレイヤーアクションスポーツタイトルに無料で飛び込んでテストできるため、Roll7はフィードバックを集めてゲームを整頓し、きちんと整理できます2月8thに発売。

打ち上げの最初の週に レーザーリーグ アーリーアクセスでは、ゲームは30%割引で割引され、ゲーマーにはさらに安い価格でタイトルを購入する機会が与えられます。

ラスト・マン・スタンディング・マッチ(現在、バトル・ロワイヤルのサブジャンルとして知られている)で、常にプレイヤー同士を対戦させる他のゲームとは異なり、Roll7は競争力のある協調プレイに集中し、彼らの戦術を戦略化し、相手を克服する。 505 Gamesの社長、Neil Ralley氏は、 レーザーリーグ、プレスリリースに言及...

「レーザーリーグは、1の優先順位としてコミュニティと協同組合で構築されたゲームです。 我々はそれがチームベースのプレーを最高の状態で表していると信じており、チームワークの意識はファンの発展にもつながります。

 

「最初のベータテストでは、コミュニティが共有しているコンテンツや機能の提案に熱心に鼓舞されています。今週のオープンベータや、2月初旬のEarly Accessプログラムを通じて、そのインプットのさらなる探求を楽しみにしています。 8。 "

今すぐ誰でもオープンベータ版に参加できます レーザーリーグ、および早期アクセス実行の前にゲームをプレイテストします。 オープンベータ版に参加できるのは1月28thまでです。その後は終了します。

下の予告編では、ゲームプレイの様子を見ることができます。

アーリーアクセス版のゲームでは新しいコンテンツがすべて表示されます。 これには12の異なるマップが含まれています。各マップには独自のギミックとパーソナリティがあり、さらに各マップで使用できる追加のゲームモードもあります。

Roll7はおそらく設計している レーザーリーグ Psyonixのゲームとは異なり、ピックアップアンドプレイゲームになる ロケットリーグ.

サーバーは現在、北米、ヨーロッパ、ロシア、シンガポールのサーバーに対応しています。 Early Accessフェーズでは、より多くのサーバーやクラスが登場する予定です。

ベータ版への参加やゲームプレイの詳細については、 公式のレーザーリーグのウェブサイト.