ミドル・アース:戦争の拡大影が有料コンテンツを明らかにする

ワーナーブラザーズとモノリスプロダクションは、今ゲーマーと熱心になっています。特に、 中つ国:戦争の影 ゲームには、略奪箱や小切手が置かれています。 今のところ、より多くの人々が、個々の購入または拡張パスで入手できるDLCを支払うという事実に対して、彼らの立場を立てています。

一部の企業は眉をひそめる機能を追加していますが、フランチャイズのファンが簡単に防御できるような方法で行われています。 それから、あなたの顔に特定の機能を押し込んで、不条理な時間を費やすか、実際の資金を支払って進歩させる他の会社があります。

最近では、次のようなゲームを見てきました N 略奪箱や小規模な取引を新しいレベルに引き上げ、 フォルツァモータースポーツ7 それほど遅れていませんでした。

上記に加えて、 スター・ウォーズバトルフロント2 戦利品ボックスとマイクロトランザクションが特徴です。 Sci-Fiシューティングゲームは、そのベータ版がスコアリングおよびルートボックスシステムを明らかにしたときに厳しい批判に遭いました。

ルーツボックスやマイクロトランザクションを保有している他のゲームもありますが、ウォーナー・ブラザーズとモノリス・プロダクションは、上記のコンテンツをファンに合わせたフル・セールス・ゲームを超えてさらに進化させているようです。

ゲームの両方で Twitterのページ YouTubeのビデオでは、ベーシックゲームから切り抜かれて4つの有償の拡張を保有するようなコンテンツに対して、より多くのお金を払う必要があるという懸念が明らかになっています。

  • 虐殺族族のネメシスの拡大 (11月2017)
  • 無法族族ネメシスの拡大 (12月2017)
  • Galadriel Story Expansionのブレード (2月2018)
  • モルドール物語展開の荒廃 (5月2018)

上記を示すトレーラーは、 戦争の影さんのYoutubeチャンネル。

中つ国:戦争の影 PC、PS4とXbox Oneのために今出ています。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。