Mashinky、今すぐスチームアーリーアクセスを狙う列車シミュレータ

列車シミュレータは、正しくできれば非常に人気がある可能性があります。 Mashinky グリーンライトとそれが今までに集めた賞を受賞したことで、そのスチーム・ロールがヒットしたことを形作っています。 Mashinky すぐにSteam Early Accessに登場しました。開始すると、さまざまなトレインSIMコンテンツが提供されます。

インディーズゲームは5回授与され、ノミネートされていますが、まだリリースされていません。 今死んだSteam Greenlightで最初に紹介されたのはJan Zeleny'sです。 Mashinky。 それは今Steam Early Accessに向かっています。 train simは、「リアルな」グラフィックとアイソメトリックエディタモードを組み合わせて、正確に構成します。

今後の列車シムについてさらに詳しく説明すると、以下のように説明されます。

「Mashinkyは電車に関する交通戦略ゲームです。 目標は、手続き的に生成された地図上にあなた自身の交通機関の帝国を作成することです。 これは、リアルなグラフィックとアイソメトリック構築モードおよびボードゲームのようなルールを組み合わせたユニークなものです。」

私がワンマンアーミーのプロジェクトだと思うのはそれほど悪いことではありません、全体的なコンセプトとデザインはよくできているようで、うまくいけばゲームプレイは開発の間にそれが受けたすべての賞にかなっています。 しかし、あなたはそれを見て判断することができます マシンキーフィーチャー予告編それはゲームが提供しなければならないものを示しています。

特にmodが他のシミュレータを大いに助けてくれることを見れば、modのサポートがあるかどうかについては何も言えることはありません。 同じことがこのゲームでも行われるのであれば、それはぴったりでしょう。

現時点では、 Mashinky ゲームは最近Steamに上陸したことを考えると近いうちに開発者によって設定されておらず、おそらく明らかにされるでしょう。 ページ近日公開予定。 それまでは、この非常にプロジェクトに関する詳細は、 mashinky.com.