EAはゲームストリーミング購読サービスを追求したい

EAのアクセス

エレクトロニック・アーツなどのトップ・パブリッシャーは、ゲームとは対照的に、ゲームとしてのサービスをゲームとして賞賛してきました。これは、人々がゲームにアクセスするために定期的に料金を支払わなければならないためです。タイトルを所有する。 まあ、EAのCEO、アンドリュー・ウィルソンは、今後2〜5年以内にあなたのゲームに対するあなたの所有権を本当に奪い取ることを希望しています。

EAの収益が転記された後の電話会議では、 GamesIndustry.biz ウィルソンの注目すべき引用を投資家に奪い取った。そこでは、2〜5年の間に、ストリーミングやサブスクリプションサービスをさらに追求したいと述べた。

「これらの多くのことについては、実際には約5年間と思っていますが、2-5年の雲とストリーミングのようなものがあります。 サブスクリプションについて考えてみると、すでに2-5年という時間軸でのストリーミングとそれからの復帰を見ています。

EAにはすでにEAAccessとOriginAccessがあります。5つはXboxOne用で、もうXNUMXつはPCユーザー用です。 どちらのサービスも同じことを行います。ゲーマーにゲームの割引、無料トライアル、およびEAVaultから月額XNUMXドルでゲームをダウンロードしてプレイする機能を提供します。

「サービスとしてのゲーム」の格言は、ほとんどのトップパブリッシャーによって多く話題になっていますが、インフラストラクチャでは、それが便利に行われることは決して許されていません。 OnLiveやGaikaiのようなサービスが試されましたが、運用コストと、実際に経済的にも帯域幅的にも余裕のあるユーザーの数が多かったため、それほど長くは続きませんでした。 Gaikaiは後にソニーに買収され、PlayStation Nowになりましたが、財務面とネットワーク面の両方でコストが高いため、これも苦戦しています。

ウィルソンにとって、ISPからの帯域幅上限と、加入ストリーミングサービスのための高額なエントリー費用は犠牲になる。 彼は、消費者が次の2〜5年以内に定期的にゲームを購読してストリーミングすると信じている。

「過去5年間のメディア消費量を考えると、最大の混乱要因はストリーミングとサブスクリプションの組み合わせです。 テレビを見る方法が変わったため、音楽を聴く方法が変わったため、オーナーシップとアクセスの考え方が変わってしまいました。ストリーミングとサブスクリプションの究極的な成果は、私たちのビジネスにとって大きな障害になると考えています。 そして、あなたは私たちが何年もそこに投資しているのを見てきました。 数年前に最初のストリーミングテストを開始しましたが、そのテストを続行し、今後ストリーミングがビジネスのためにどのように機能するかについて、他の重要な大手パートナーと引き続き取り組んでいます。 私たちはEA AccessとOrigin Accessを立ち上げていました。サブスクリプションやその周辺での機会を増やし続け、両方のベクターでプレイヤーにとってより多くの価値を提供し続けることが期待されます。

この声明の奇妙な点は、エンドユーザーに付加価値がないことです。 購読料の費用は、Amazon、eBay、またはGameStopからの中古ゲームの料金に比べて安いものです。 ほとんどの調査データによれば、人々はバックエアカタログ全体を再生するのに十分な時間さえも持っていないので、このハイエンドサブスクリプションストリーミングサービスの市場であるコンテンツから価格への観点からは?

プレイステーション・ナウが本当に離陸したわけではないことを考えると、それは会社を集中させる大胆な方向性だ。 OnLiveは決して本当に離陸しませんでした。 Microsoftのクラウドサービスは、まだストリーミングゲームを提供するための実行可能なソリューションではありません。 たぶん、EAは市場の残りの部分ではないことを知っているかもしれません。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。