E3 2017:グランツーリスモスポーツVRモードはOne-On-One Racesのみをサポートします

グランツーリスモスポーツ -  VR

私たちはたくさんのことを学びました グランツーリスモスポーツ 今年のE3の間に。 今年の秋には、プロデューサーの山内和則が試合のために出した膨大な情報がありました。

最終的な洗練段階が グランツーリスモスポーツ 現在Polyphony Digitalで進行中です。 ヤマウチ氏は、通常、最適化プロセスの途中でゲームをリリースする必要があると述べていましたが、今回は、サウンドデザインからUI、ゲームプレイ、ゲームプレイ、トラックのスケールとパフォーマンスを最適化します。

彼らはまた、 グランツーリスモ。 間に 雄鶏は生きているプロデューサーの山内和則は、彼らが全体のサウンドデザインに取り組むためにドローイングボードに戻ったことを明らかにした グランツーリスモスポーツ.

グランツーリスモスポーツVR

このシリーズは伝統的に貧弱なサウンドデザインで批判されています。山内さんは実車をトラックに録音し、ソニーのサウンドスタジオを使ってサウンドを正規化して後処理し、フィルターをかけて音質を上げることにしました車ができるだけ現実的に聞こえるように最終的なものを実装してください。

現在、自動車シミュレーションにおけるサウンドデザインの現在のリーダーは、Slightly Mad Studios プロジェクトCARS、Polyphony Digitalが品質に合致するかどうかを確認します プロジェクトCARS 2 いつ グランツーリスモスポーツ 今秋に開始する。

山内氏は、 グランツーリスモスポーツ VRレンダリングがどれくらいストレスを感じているかによって、1対1モードに制限されます。 PS4のハードウェア機能は限られています。 山内さんは、各フレームをどのように立体的にレンダリングする必要があるのか​​、そしてあるレベルの忠実度で各フレームを2回レンダリングするにはハードウェア上でどの程度緊張しているのかについて詳細に述べました。 彼は、VRを機能させ維持する方法を見つけ出すことを試みるチームに特に課税していると述べました。 グランツーリスモ 商標の視覚的忠実性。

彼は説明を続けた...

"残念ながら、私たちはVRでゲームコンテンツ全体をサポートすることはできません。実際には、私が言及したように、[VR]システムがゲームで負う非常に高いレンダリング負荷が、ゲームではVR走行モード1対1のレースを行うことができます。 ゲーム内のすべての車は[VRモード]で使用できますが、トラックの1/3しかモードで使用できません。

VRモード、フルグリッド、そしてその他の魅力的なものを堅牢に選ぶことを望むなら、トラックの3分の1しか利用できず、1対1の走行モードだけで解決する必要があります。 これは実際には Driveclub VRモードが、現実的な運転シミュレーションが本当に欲しかった グランツーリスモ テーブルにもたらす、あなたは少なくともあなたがそれをVRで初めて体験することができるでしょう プレイステーション この秋のVRヘッドセット。