ポータルナイトレビュー:明るいスタート

ポータルナイトレビュー

[情報開示: レビューコピーは、この記事の内容]のために提供されました

PCでXNUMX年以上出ていたのに、聞いたことがなかった ポータルナイツ。 起動してからXNUMX時間以内に、その理由がすぐにわかり、そのことに気づいて悲しくなりました。 私、あなた、そしておそらく他の多くの人が過去をちらっと見た理由 ポータルナイツ それはあなたが他の場所でプレイしたことがあるほど他のゲームのほんの1トンを彷彿とさせるからです。 ミニクラフト、テラリア、ドラゴンクエストビルダー、ゼルダ - それらはすべてここにあります、そして、私が完全に正直であるならば、それはリストを短くしています。

そのようなゲームに関して私の自然な本能はそれらを無視することです、なぜならそれはゲームが非常に多くのゲームから最も良い部分(あるいはちょうど良い部分さえ)を取り、それらを一緒に動作させることはめったにないからです。 私は例外を作ります ポータルナイツ しかし、一度それをしばらく過ごしてしまったので、私は自分自身の魅力にもっと苦しんでいると感じました。

最も単純なレベルでは、 ポータルナイツ は、軽いRPG機能やクラフトなどを備えた基本的なサードパーソンアクションゲームです。 ゲームは、一連のテーマに沿って手続き的に生成された浮島で行われ、おそらく唯一のユニークなことです ポータルナイツ これらの島々を結びつけるメカニックです。

ポータルナイトドラゴンある島から次の島への進展は、(通常)次の2つの事項に依存します。第1に、次のポータルを見つけて、第2に、適切な色のクリスタルシャードを見つけて、

それぞれの島は、設計上のバイオメ Minecraftの、私が実際に考えると言う免許を与える実質的な変身ではあるが ポータルナイツ かなり魅力的なゲームです。

草、砂、雪の初期の島々から、後で産卵する傾向のある暗い致死ママを特徴とするものまで、それぞれがボタンのようにかわいいです。 プレイヤーは、島と同じ方法で各島を行き来し、掘り起こし、鉱山を進めます。 Minecraftの、次に、ワークベンチ、家、アンビル、およびこの種のゲームの作成と進行を容易にするすべての通常の装身具を使用して、それらを再構築します。 彼らは太陽の下で新しいものは何もないと言います、そしてそれはでのクラフトに当てはまります ポータルナイツ - 最初の木刀から最後のチタン製つるはしまで、あなたはそれをすべて前に見たことがあるでしょう。

戦闘はおそらくこの種の多くのゲームよりも少し面白いですが、それでも次のような真に有能なアクションRPGには大幅に及ばないのです。 ゼルダ。 L2ボタンは敵をロックするために使用され、戦士、メイジ、レンジャーのいずれのクラスを選択したかに応じて、それらの周りを一周して発射物を投げたり、近接武器で攻撃したりします。

ポータル騎士戦闘

ほとんどの日中の敵は愚かで、倒すのはかなり簡単ですが、はるかにタフな敵を特徴とするいくつかのボス島があります。 同様に、夜になると、敵は劇的に倒すのが難しくなり、多くの場合、最大で数回のヒットであなたを殺す攻撃があります。

ありがたいことに、 ポータルナイツ ドロップインで最大3人の他のプレイヤーを呼び出し、協力マルチプレイヤーをドロップする能力です。 これらの厳しい対戦相手に直面するいくつかの仲間(そして特にバランスのとれたチーム)を持つことは本当に便利ですが、何よりもそれは単純にかなりの楽しみを増幅します。 の欠点 ポータルナイツ 親しみやすさは、私がこれまでずっと行ったことのある感覚でした。 それは新しい世界を始めることによく似ています Minecraftの - 当時は良い考えのように思えますが、あなたが機器、家、そしてどこから始めればいいのかわからないという認識が刺激的であるのと同じくらい困難なこともあります。

それは、あなたが新しい世界を始めることを考えていたら Minecraftの しかし、それに惑わされていないのであれば、なぜそれをしないでください。 ポータルナイツ 代わりに? 島々は微生物のように振る舞い、それぞれに独自の資源があり、戦闘がより良いものになります。 グラフィックスも Minecraftの それらはモジャンの精霊の鉱山と工芸品の高品位なリメイクと見なすことができると。 の魅力 ポータルナイツ 参加する友達を持つことで大規模に増幅され、私が Terraria 以前は、このゲームにはボス、宝物などの理由があり、プレイヤーを前進させる理由がありました。これは何か Minecraftの 決して優れたことはありませんでした。

Portal Knightsに費やすよりも、時間とお金でもっと悪いことが起こる可能性があります。そのため、お茶のように聞こえたら、確かにそうするべきです: