東京戦は、破壊的なタンクの戦いのために実際の生活の場所を使用します

インディー開発者Pablo Vidaurre Sanzが最近リリースしました 東京ウォーフェア 蒸気店に。 これは、日本の東京を拠点とする実生活を中心とした3Dアーケードゲームです。

ゲーマーは巨大な戦車に飛び乗り、侵入してきたレッドスター軍に対して日本の防衛軍を代表して戦うことができます。 ゲームは何年も前からの古典的なアーケードタンクゲームへの先祖返りです。 それらは私たちが主流の空間では(またはまったく)見ることができないゲームのスタイルです、そして懐かしさのその小さなビットを探しているゲーマーはSanzの3Dシューティングゲームでそれを見つけるかもしれません。

環境は大規模なサンドボックススタイルのデザインで、アニメ風の効果でオブジェクトや建物を破壊することができます。 下の予告編を見ると、ゲームプレイの様子がわかります。

このゲームは一種のセミフォトリアリスティックな魅力を持っていますが、ゲームをある種のアニメの外観にするためにいくつかのカラーハイライトが重ねられています。

ただし、ゲームの外観を変更したり、視覚的な好みに最も適したフィルタを適用した外観にすることができるように、ゲームにはさまざまなフィルタが用意されています。

ゲームのCPU対モードに加えて、公開ゲーム用のマルチプレイヤーロビーもあります。 あなたは飛び乗って他のプレイヤーと一緒にそれを公にし、そして何かを爆破することができます。

ゲームの開発は完全には終わっていません。 彼らは、プレイ可能な戦車とそのタイトルに登場するマップを拡張する計画を持っています。 HTC ViveとOculus Riftに対するVRサポートもあります。

あなたが手元にVR HMDを持っているなら、それはかなり激しいゲームかもしれないようです。

If 東京ウォーフェア あなたの行動の好みに合うような種類のゲームのように思えます。 スチームストアページ $ 14.99で利用可能です。