War of Ashird、アニメスタイルのSRPGがKickstarterに向かう

アシャードの戦争

日本の服のIgrasil StudioとKumiho Softは、新しいターン制戦略ゲームと呼ばれる アシャードの戦争。 Igrasilが最近コンテンツをまとめたため、 血まみれのクロニクル、彼らはゲームを作るために別のアプローチを取ることを決め、ビジュアルノベルのジャンルから離れて古典的なTBSスペクトルに乗り換えました。 読み続ける 「Ashirdの戦争、アニメスタイルのSRPGがキックスターターに向かう」

Bloody Chronicles R18 + IFモードDLCがダウンロード可能になりました

血まみれのクロニクル

Igrasil Studioは、すべての年齢層とR18 +バージョンのDLCの両方をリリースするという約束を果たしました。 血まみれのクロニクル、IFのIFモードと呼ばれ、ミステリー・スリラーのビジュアルノベルに追加のデート要素とロマンスの角度を追加します。 読み続ける 「BloodyChroniclesR18 + IFモードDLCがダウンロード可能になりました」

Bloody Chronicles IFモード「カオル」R18 + DLCが10月XNUMX日に発売

ブラッディクロニクルズR18モード

Igrasil StudioがValveのソフトウェアキュレーターにIFモード「Kaoru」DLCのR18 +バージョンをSteamに着陸させるよう説得した方法はわかりませんが、どういうわけか彼らはそうし、DLCが10月XNUMX日に到着することを確認しました。デジタル配信プラットフォーム。 読み続ける 「BloodyChroniclesIFモード「薫」R18 + DLCが10月XNUMX日発売」

Bloody Chronicles R18 + IFモード近日公開、Steamストアページが公開

Bloody Chronicles IFモード

ビジュアルノベルのためのIgrasil StudioのIFモード 血まみれのクロニクル まだ開発中ですが、スタジオはR18 + DLCがValveおよび ストアページ Steam上でライブが行われました。 読み続ける 「BloodyChroniclesR18 + IFモードが間もなく登場、Steamストアページが公開されました」

血まみれのクロニクルはSteamでの早期アクセスから卒業します。 R18 + DLCニュース近日公開

血まみれのクロニクル

Igrasil Studioは、謎のスリラービジュアルノベルを発表しました。 血まみれのクロニクル、正式にSteam on Early Accessを卒業しました。 ゲームは現在のところ上で現在利用可能です スチーム店 $ 24.99の場合 ただし、発売中の最初の1週間は、20%用のビジュアルノベルを通常価格から$ 19.99で購入することができます。 読み続ける 「BloodyChroniclesはSteamの早期アクセスを卒業しています。 R18 + DLCニュースがまもなく登場」

プロジェクトエデンJRPGはもうすぐ蒸気になります…そしてそれはWaifusを持つでしょう

プロジェクトエデン

殺人ミステリービジュアルノベルの製作者、Igrasil Studio 血まみれのクロニクルは、彼らの次の大きなプロジェクト、暫定的にタイトルをつけられたJRPGのための発表をからかった プロジェクトEdeN。 新しいゲームは2019年にPCに登場する予定であり、実際、発表ページには「近日公開」と表示されています。 読み続ける 「ProjectEdenJRPGがまもなくSteamに登場します…そして、Waifusが登場します」

開発者がバルブから承認を得るとすぐに血まみれのクロニクルズR18 + DLCが蒸気で起動します

ブラッディクロニクルズR18 DLC

のR18 + DLCパッチ 血まみれのクロニクル リリース間近です。 開発者のIgrasil Studioは、2月中旬までにSteamにパッチを出し入れすることを計画しています。 まあ、それは計画です。 ただし、それでもバルブから最初に承認を得る必要があります。

ニュースは2月の5th、2019にIgrasil StudioのTwitterアカウントに投稿されたツイートのおかげで届きました。

待機期間は、数日から数週間から数ヶ月までです。 Valveになると、一部の開発者は他の開発者よりも優遇されます。

しかし、Igrasilの信用によれば、 血まみれのクロニクル 何の問題もなくSteamでリリースできました。 これはおそらく、ゲームが学校に設置されておらず、Valveが「子供の搾取」と見なしているものを特徴としていないという事実によるものです。 それからまた、のオリジナルリリース 血まみれのクロニクル Steamは、全年齢向けバージョンとして分類されたものでした。 これはESRB評価のようにみんなのためのものであるという意味ではありませんが、視覚小説がどのように分類されているかという点では、それは通常2つのカテゴリによって指定されます。

If 血まみれのクロニクル ESRBによって格付けされたのは、おそらく「Teen」または「Mature」でしょう。

それにもかかわらず、ゲームのR18 +版はゲームに「卑劣な」変身を与える追加のCGシーケンスを追加するでしょう。 スチームコミュニティページ.

開発者たちは、R18 + DLCパッチがValveによって受け入れられると確信しているようですが、最近の禁止条項を考えて、 ワイフホロコースト2.0成人用フィルターを装着した状態でも、ValveがSteamストアでR18 + DLCを許可するかどうかは、まったく関係ありません。

あなたはについての詳細を学ぶことができます 血まみれのクロニクル 訪問して スチームストアページアーリーアクセスの間、ゲームは現在$ 24.99で利用可能です。

血なまぐさいクロノスがスチームで利用可能になり、R18 + DLCが近々発売予定

血まみれのクロニクル

一方、 Waifu Holocaust 2.0が激怒、何人かの開発者はまだスケベな内容と熱いアニメのベイビーを特集しているゲームをリリースしています。 そのような開発者の一人が日本のインディーズ衣装Igrasil Studioです。 最近リリースされた開発者 ブラッディクロニクル:死の新たなサイクル $ 24.99でSteamへの早期アクセスを開始。 販売中の最初の週の間、あなたはたったの$ 20のために通常の購入価格から19.99%のゲームを手に入れることができます。 読み続ける 「BloodyChroniclesがSteamで利用可能になり、R18 + DLCが間もなく登場」

血まみれのクロニクル:死の新しいサイクルDec 13th with 18 + Episode

血まみれのクロニクル

Igrasil Studioは最近Steamのページを開いて、彼らの殺人ミステリービジュアル小説、 血まみれのクロニクル:新しい死のサイクル年末に12月13thに開始する予定です。 読み続ける 「BloodyChronicles:13+エピソードで18月XNUMX日にSteamに登場する新しい死のサイクル」