フランスのCNRSの研究者は幻肢切断者のための人工人工器官で進歩を遂げる

ロボット補綴物

エクス・マルセイユ大学とソルボンヌ大学の国立国立科学研究所の研究者たちは現在、バイオメカニクスと呼ばれることが多いバイオメカニカルプロテーゼの進歩を遂げています。 による MedGadget研究者らは、幻肢症候群を理解し、それを四肢喪失の副作用ではなく病気のように治療することに焦点を当てながら、切断術者のためのロボット義肢へのアプローチ方法を変えています。 読み続ける 「フランスのCNRS研究者は、幻肢切断者のための生体工学的義足で進歩を遂げています」

ロボティックプロテーゼ手術により、ユーザーはバイオニックリムを感じることができます

筋電図

わずか数ヶ月前に、 2018年3月、私たちは、患者が神経腱を利用して実際に人工肢を制御し、反応し、ある意味で感じることを可能にする可能性のある手術に関するロボット義足の分野の進歩について報告しました。 MITのヒュー・ハー教授は、人と機械をこれまで以上に近づける新しい種類の生体工学的手法の最前線に立ってきました。 読み続ける 「ロボット義足の手術により、ユーザーは生体工学的な手足を感じることができるようになりました」

Open Bionics Hero Arm、Bionic Prostheticが障害者ゲーマー向けに公開

オープンバイオニクスHero Arm

Open Bionicsの3D印刷、医学的に承認されたバイオニックプロテーゼはHero Armと呼ばれていますが、現在イギリスの住民に利用可能です。 肘の下から手足を欠いている切断人のためのバイオニック交換は、公式の上で購入することができます オープンバイオニクスのウェブサイト. 読み続ける 「オープンバイオニクスヒーローアーム、生体工学補綴物が障害のあるゲーマーに利用可能になりました」

英雄アーム、医学的に承認されたバイオニックの補綴物が英国で4月25、2018を発売

オープンバイオニクス - ヒーローアーム

Open Bionicsは3Dの印刷された、英雄兵器と呼ばれる人工補綴物が英国の住人である25th(2018)を始めて住民に提供されると発表しました。 双生児の四肢の置換は、肘の下から肢が欠けている人にのみ利用可能である。 読み続ける 「ヒーローアーム、医学的に承認されたバイオニックプロテーゼが25年2018月XNUMX日に英国で発売」

デュ・エクススタイルの義足は、バイオニックな神経外科手術で一歩近づく

Deus Exロボットの補綴

バイオニックプロテーゼの進歩に従ってきた人なら、過去7年間で急速な発展があり、過去4年間でさらに早い発展があったことを知っています。 それの多くは、ファッショナブルなバイオニック義足の幅広い魅力に感謝しています。 デウスエクス メーカーEidos Montrealは、 彼らはOpen Bionicsとチームを組んだアダム・ジェンセンのキャラクターを牽引する3Dの印刷された四肢を特徴とする デウス例:人間革命 とその続編、 デウスエクス:人類は分割します.

しかし、最近の進歩は3Dの印刷された四肢と切断された人のための部分的な機能的な置換を超えています。 最近の進歩により、Eidosの将来に存在する実現されたバイオニックな未来の一歩に近づいています。 Ex ゲーム。 読み続ける 「DeuxEx-Styleプロテーゼがバイオニック神経手術で一歩近づきました」

HTC ViveのためのOrthoVRは、医師が受精師のための手足の設計を支援する

OrthoVR

バーチャルリアリティは、一部の人々が思い描いていたようなゲームの世界で実際に離陸していません。 ほとんどのゲームに関しては、それほど面白くありません。 ただし、VRは、エンジニアリングや医療分野など、社会の他の生産性の高い分野で多くの利用を獲得しています。 特に、Nia Technologies、CBM Canada、およびトロント大学のCritical Making Labは、VR開発のスタートアップであるGradient Spaceと協力して、新しいソフトウェア設計ツールを作成しました。 OrthoVR補綴物の医師が切断患者の手足を設計するのに役立ちます。 読み続ける 「HTCViveのOrthoVRは、医師が切断者用の義肢を設計するのに役立ちます」

オープンバイオニクスロボット補綴ハンドfor£1,499

オープンバイオニクス

手が必要? 本当に…新しい手が必要な場合、Open Bionicsがカバーします。 先端技術企業は、人工装具部門に真剣に取り組んでおり、最近、足のない人が必要な部品を入手して手足の機能の一部を交換できるようにするためのショップを開設しました。 読み続ける 「オープンバイオニクスロボット義手は£1,499で入手可能」

Robotic Prosthesisは、より安価な代替案を用いて前進し、触覚フィードバック

補綴

ロボットプロテーゼの進化にはいくつかの興味深いステップがあります。 Eidos MontrealがOpen Bionicsと協力して デウスエクス人工義肢の腕に触覚フィードバックを実装する準備が整っている今、将来は科学小説のように見えています。 読み続ける 「ロボットプロテーゼは、より安価な代替品、触覚フィードバックで一歩前進します」

ミオ義肢と機械学習は劇的な進歩を作り続けます

ミオ人工

昨年、筋肉のデータに基づいた筋電ジェスチャーの概念がバイオニック補綴物の動きに変換されたことが大きなことでした。 DARPAのこの手法の実験は、Myo Gesture Armbandとして知られるコンシューマ向け電子機器から生まれました。これは、2〜3年前にジェスチャベースのゲーム機器として開発されました。 しかしDARPAは結局のところとして知られている技術を使用して補綴物を進めるための実際の手段として装置を使用することになりました ミオ補綴物. 読み続ける 「義肢と機械学習は劇的な進歩を続けています」

新しい義足をインテリジェント取得している間デウスエクス会議は拡張製品をお話します

交差していないが関連している2つの興味深いニュースがWeb上で流行しています。 まず、8月3rdにニューヨークのニューヨーク市にあるThe Paley Center for Mediaでカンファレンスが開催されます。 それは周りに基づいています デウスエクス:人類は分割します 近い将来以内に私たちの社会の中で拡張製品の台頭。 読み続ける 「DeusExConferenceは、新しい義足がインテリジェントになる一方で、増強について話します」

デウスエクス:2017で人類分割ロボット義足の進水

デウスエクス:人類は分割します

未来は今…または少なくとも2017になります。 Open Bionicsは、3Dで印刷された義肢に最近多くの波を起こし始めたロボット工学および義肢装具会社です。 彼らはモントリオールのエイドスと協力してきました。 デウスエクス:人類は分割します 同様に意図したとおりに実際に移動して働くことができるロボット補綴をゲーマーとnormiesを提供します。 読み続ける 「DeusEx:2017年に人類が分割したロボット義足を発売」

ロボット補綴研究は、高度なタッチとセンセーションを目指します

最初の完全に機能する、神経制御のロボット義足を構築するためのハイテクレースは、オーストラリアのメルボルンエリアの周りからの研究、およびプロジェクトのグループを含む、異なる研究機関、のカップルはDARPA、国防高等研究で率いされて進行中です計画局。 読み続ける 「ロボット補綴研究は高度なタッチとセンセーションを目指しています」

ニューラルインプラントおよびロボット義肢ゲームを保つために無効ゲーマーを有効にします

それは、神経移植、生体工学および人工器官に来るとき神経科学は前進を作るために続けています。 高精度の桁の使用を含む - - ニューラルインプラントの助けを借り分野における最新の進歩の一つは、彼の手足の使用を取り戻すためにイアン・バークハートという名前の特定の24歳の四肢麻痺を認めました。 読み続ける 「神経インプラントとロボット義足により、障害のあるゲーマーはゲームを続けることができます」